Keiko Sasaoka/笹岡啓子
「SHORELINE 30 — 福島潟」

Keiko Sasaoka/笹岡啓子  「SHORELINE 30 — 福島潟」

Keiko Sasaoka/笹岡啓子
「SHORELINE 30 — 福島潟」

Category: Tags: ,


笹岡啓子は2011年4月以降、東日本大震災の被害に見舞われた三陸沿岸地域と阿武隈山地の村々を撮影してきました。2012年からは「Difference 3.11」と題した展覧会と、B5判小冊子『Remembrance』(KULA)の刊行を始め、2013年12月に計41号で終刊しました。震災から5年目を迎え、笹岡は新たな小冊子シリーズ『SHORELINE』(KULA)の刊行をスタートさせます。2014年以降の三陸、福島の被災地域を中心に、日本各地の海岸線や海の記憶をもつさまざまな地域を交え、順次刊行される予定です。

笹岡啓子「SHORELINE 30 — 福島潟」
定価:300円 (税込)


Since the Great East Japan Earthquake of 2011, in such a way that taking photographs, Keiko Sasaoka has been facing up to the each place being still work in progress from the major disasters. On the other hand, from the beginning of her activity, she has also been interested in the terrain and the surface revealing the origin of the places: coastlines and volcanoes. “SHORELINE” is an attempt to follow “the contiguous sea” beyond the tense from the current topography.
SHORELINE 30: Fukushimagata Lagoon
Publish date: Dec, 2017 / 8+1 pages, Booklet, color
price: 300 yen (tax included)