Naoki Oji/王子直紀
「吐噶喇 1」

Naoki Oji/王子直紀 「吐噶喇 1」

Naoki Oji/王子直紀
「吐噶喇 1」

¥990

Category: Tag:


〈Content〉

  • slipcase t1_DSC9540
  • t1+slipcase t1_DSC9541
  • t1_DSC9543
  • 001_DSC9546
  • 002_DSC9547
  • 003_DSC9548
  • 004_DSC9549
  • 005_DSC9555

王子直紀写真展「吐噶喇・川崎」 (2020年6月) にあわせて刊行された、写真集シリーズ第1号!
今号以降、展示と並行して順次刊行予定です。

吐噶喇列島は、九州と奄美・沖縄に挟まれるかたちで点在する有人7島と無人5島の島々で構成されています。終戦後に北緯30度線が国境線となり列島が分断されたのち、1952年に本土復帰を果たしています。2016年には領海保全を目的とした有人国境離島法が成立するなど、個々の暮らしがいまもなお政治情勢に左右され続けている場所でもあります。王子は2007年に初めて吐噶喇列島を訪れ、それ以来、この島々での撮影と発表を続けてきました。そして、川崎市は王子が活動の最初期から現在に至るまで長年にわたって撮影を続けてきた場所です。
王子はこれまで厖大な量のスナップショットを撮り続けることで、川崎と吐噶喇列島という場所に関わってきました。場所をあからさまに象徴するようなものが写されることはなく、人間や動植物、看板や建物などがてらいなく真正面からとらえられていたり、ブレやボケをともなって写されています。
それらの写真は、どこか馬鹿馬鹿しさや滑稽さ、ときには寂しさや機知を感じさせると同時に、その場所に触れさせられたような感覚をあたえることもあります。王子にとってスナップショットは、吐噶喇・川崎という場所を、象徴的ではないものを大量に撮るなかで立ち現そうとする試みなのです。

▼【展覧会開催中】王子直紀「吐噶喇・川崎」(2020/03/29 – 2020/06/30)
https://pg-web.net/exhibition/naoki-ohji-reopening/
*会期中は13:00-19:00の短縮営業となります。感染状況の変化などにより変更がある場合は、前日までにギャラリーウェブサイト、メールニュース、SNSなどでお知らせします。

王子直紀「吐噶喇 1」
A5判変形/中綴じ/カラー32頁/スリップケース入り
発行:KULA
発行日:2020年3月29日
価格:900円+税