Camera Austria 93/2006

Camera Austria 93/2006

Camera Austria 93/2006

¥2,700

In stock



〈Content〉

2006年最初のカメラ・オーストリアは、2つの世代の写真家やアーティストたちを特集。小鳥のいる風景を撮り続けているジャン=リュック・ミレーヌ、昨年亡くなったオーストリアのアーティスト、ヨルグ・シュリック、クロアチアのザグレブに生まれ、70年代のユーゴスラヴィアをコンセプチュアルかつ政治批判的にとりあげるムラデン・スティリノヴィッチ。40~50年代生まれの彼らに対して、70年代生まれのアハラム・シブリとマルクス・クロッテンドルファーの作品は、場面をドキュメンタルなタッチで写し出す。

特にシブリは、イスラエル軍の追跡部隊として活動するベドウィン族を追い続け、マイノリティーのかかえる矛盾に焦点を当てている。本誌後半部分ではルース・ゾンダーエガーがポスト構造主義以後の批評の問題を4回にわたって連載。第1回は批評理論と写真の関係性、そしてリアリズムの問題をベンヤミンやアドルノを援用して論じ、リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌの映画を分析している。

ヨルグ.シュリック
ジャン=リュック.ミレーヌ
ムラデン・スティリノヴィッチ
アハラム・シブリ
マルクス・クロッテンドルファー
ルース・ゾンダーエガー

ANNE BERTRAND
Jean-Luc Mylayne. Denkbilder

JEAN-LUC MYLAYNE

SANDRA KRIZIC ROBAN
Mladen Stilinovic. 63 Meter Schmerz

MLADEN STILINOVIC

ULRICH LOOCK
Ahlam Shibli. Widerstand gegen Unterdrückung

AHLAM SHIBLI

ANDREAS SPIEGL
Markus Krottendorfer. Ein Porträt der Fotografie: Fotografiert

MARKUS KROTTENDORFER

RUTH SONDEREGGER
Kritische Theorie Gesellschaftlicher Bilder (1)

2006.03

詳細は Camera Austria のHPでご覧頂けます。
http://camera-austria.at/