Camera Austria 109/2010

Camera Austria 109/2010

Camera Austria 109/2010

¥2,700

In stock



〈Content〉

今号ではさまざまな形式を用いた政治的な作品を雑誌形態に落とし込み、現代的意義を問うものとなっています。
インタビューや対談などのテキスト形式で、美術の社会への関わりを展示の面から考察するSarah Pierce (アイルランド)、歴史写真から権力の可視化を図るAnna Artaker (オーストリア) 、Art & Languageの流れを汲み、社会的・経済的・生態的問題を取り扱った作品をフォトモンタージュなどを利用して制作するConde and Beveridge (カナダ) がとりあげられています。Conde and Beveridgeについては、アラン・セクラがテキストを寄せています。

表紙: CONDé AND BEVERIDGE, The Fall of Water, 2006/2007

RIKE FRANK
Ein Gespräch mit Sarah Pierce

SARAH PIERCE

MARIA MUHLE
Anna Artaker. Historie und Infamie

ANNA ARTAKER

ALLAN SEKULA
Condé and Beveridge. …Die roten Garden kommen und gehen, reden über Michelangelo

CONDé AND BEVERIDGE

HERTA WOLF
Der Rotklee-Bläuling. Für Manfred Willmann

JEFF DERKSEN
Kunst und Städte bei Mega Ereignissen. Zur Überschneidung von Kultur, Alltag und den Olympischen Spielen in Vancouver und darüber hinaus. Teil II


詳細は Camera Austria のHPでご覧頂けます。
http://camera-austria.at/