photographers’ gallery press no. 4

photographers’ gallery press no. 4

¥1,728

商品カテゴリー: 商品タグ: ,


〈Content〉

年1回発行の機関誌『phtographers’ gallery press』の第4号。
2004年の活動を通じて生まれた企画、対談をはじめ、論文、 そして写真を収録した充実の一冊となりました。

photographers’ gallery press no. 4
B5判/192頁
発行:photographers’ gallery
発行責任:北島敬三
編集責任:笹岡啓子
デザイン:田中勲
発行日:2005年4月11日
定価:1,600円+税
ISBN 978-4-907865-13-9


Contents

【特集】東松照明2005
[巻頭写真]
東松照明「カラフルな! あまりにもカラフルな!!」
tomatsuimg

[インタビュー]
東松照明のカラー
——「太陽の鉛筆」のころ
聞き手・構成:前田恭二
tomatsu

皮膚の問い
——東松照明アメリカ巡回展を観て
港千尋

「私」の地図
——続編…写真があるから、写真に撮られるから、写真にされるから
三島靖


[特別収録]
Timeless Placeless ? 私たちは今どこにいるのか ?
林道郎 ×北島敬三

[特別企画]
サイト・グラフィックス展をめぐる
倉石信乃 ×深川雅文

[収録]
télé-trilogue
椹木野衣 ×豊島重之

[写真]
CAMERA SCOTOMATA 豊島重之 (ICANOF/Lateral Landscapers)

戦時体制下の写真批評
——瀧口修造を読む
土屋誠一


[写真]
比嘉豊光「ナナムイ」

[収録]
光るナナムイの神々
比嘉豊光 ×小沼純一

赤いゴーヤー!チャンプル
比嘉豊光×東琢磨


[収録]
「阿賀に生きる」から「阿賀の記憶」へ
佐藤真 ×岡村民夫

[収録]NOSTALGHIA
高梨豊 × 赤瀬川原平× 倉石信乃

[写真]
小島一郎「小島一郎 WORKS」
kojima

小島一郎試論
——新たな言説のために
高橋しげみ

伯爵カメラマン 亀井茲明
蔦谷典子

写真の現場検証……1
——21世紀美術館の展望
暮沢剛巳 ×立木祥一郎 ×前田恭二