Keiko Sasaoka/笹岡 啓子
“SHORELINE” 2015/06/02 - 2015/06/21 12:00 - 20:00 会期中無休 / DAILY OPEN

Chichibu Bay
Chichibu Bay
笹岡啓子は2011年4月以降、東日本大震災の被害に見舞われた三陸沿岸地域と阿武隈山地の村々を撮影してきました。2012年からは「Difference 3.11」と題した展覧会と、B5判小冊子『Remembrance』(KULA)の刊行を始め、2013年12月に計41号で終刊しました。震災から5年目を迎え、笹岡は新たな小冊子シリーズ『SHORELINE』(KULA)の刊行をスタートさせます。2014年以降の三陸、福島の被災地域を中心に、日本各地の海岸線や海の記憶をもつさまざまな地域を交え、順次刊行される予定です。
大きな災害から個々の復興へと向かう現在進行形の場所に、笹岡は撮ることで向き合ってきました。一方で、活動の最初期からのテーマである海岸線や火山など、地勢や地表が刻むその土地の過去や経過にも関心を寄せてきました。『SHORELINE』は、時制を超えた「地続きの海」を現在の地形から辿り、連ねていく試みでもあるのです。

本展では2014年以降に撮影された三陸沿岸の未発表作と、埼玉県・秩父を撮影した新作が発表されます。秩父盆地はその昔、クジラの寄る美しい湾(秩父湾)でした。地殻変動により現在の盆地となりましたが、その地層からはかつての海を確かに示す貴重な化石が出土しており、日本地質学発祥の地とも呼ばれています。

As progress continues to be made in the restoration of Tohoku after the great earthquake and tsunami, Keiko Sasaoka has continued her pursuit of the edge at which water and land meet, the shoreline. Here she presents yet unseen works of Rikuzentakata and Fukushima, while combining these with portrayals of the rich forests of Chichibu, Saitama which were once part of the sea.

展示内容/インクジェットプリント 17点


笹岡啓子『SHORELINE』

B5判変型/8+1頁/カラー 発行:KULA 定価:300円(税込)

【2015年4月発売】 SHORELINE 1: 秩父湾 2: 相馬 3: 楢葉 4: 南相馬 5: 閖上
Keiko-Sasaoka-SHORELINE-1 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-2 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-3 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-4 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-5

【2015年6月発売】 SHORELINE 6: 伊豆大島 7: 外房 8: 陸前高田 9: 陸前高田 10: 富岡 11: 富岡
Keiko-Sasaoka-SHORELINE-6 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-7 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-8 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-9 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-10 Keiko-Sasaoka-SHORELINE-11

詳細 pg-shop↓
http://pg-web.net/product-tag/shoreline/

Installation views

Keiko Sasaoka "SHORELINE: Chichibu-bay"
Keiko Sasaoka “SHORELINE: Chichibu-bay”

Keiko Sasaoka "SHORELINE: Chichibu-bay"
Keiko Sasaoka “SHORELINE: Chichibu-bay”
Keiko Sasaoka "SHORELINE: Rikuzentakata"
Keiko Sasaoka “SHORELINE: Rikuzentakata”

Keiko Sasaoka "SHORELINE: Rikuzentakata"
Keiko Sasaoka “SHORELINE: Rikuzentakata”