Keiko Sasaoka/笹岡 啓子
“SHORELINE” 2016/11/29 - 2016/12/25 12:00 - 20:00 会期中無休 / DAILY OPEN

keiko-sasaoka
本展では、茨城県の鹿島灘沿岸部と鳥取県の鳥取砂丘を撮影した新作が発表されます。大洗岬から犬吠埼に広がる鹿島灘の海岸線は砂浜が続き、黒潮と親潮の潮目による荒波が飽くことなく寄せては返します。鳥取砂丘は中国山地から河川によって日本海へ流れ込んだ砂が、ふたたび海岸へ吹き上げられることで形成された海岸砂丘です。いずれもその地理的条件のもとで、風と波とが繰り返し寄せながら、時を重ね変化を続けている海岸線です。

2011年の東日本大震災以降、笹岡啓子は大きな災害から個々の復興へと向かう現在進行形の場所に、撮ることで向き合ってきました。一方で、活動の最初期からのテーマである海岸線や火山など、地勢や地表が刻むその土地の過去や経過にも関心を寄せてきました。「SHORELINE」は、時制を超えた「地続きの海」を現在の地形から辿り、連ねていく試みでもあるのです。

展示内容/インクジェットプリント 10点
撮影地/鹿島灘、鳥取砂丘

New works by Keiko Sasaoka capturing the sea of Kashima in Ibaraki Prefecture and the sand dunes of Tottori Prefecture.

Since the Great East Japan Earthquake of 2011, in such a way that taking photographs, Keiko Sasaoka has been facing up to the each place being still work in progress from the major disasters. On the other hand, from the beginning of her activity, she has also been interested in the terrain and the surface revealing the origin of the places: coastlines and volcanoes. “SHORELINE” is an attempt to follow “the contiguous sea” beyond the tense from the current topography.


笹岡啓子『SHORELINE』

震災から5年目を迎えた2015年より、笹岡は小冊子シリーズ『SHORELINE』(KULA)の刊行をスタートさせています。2014年以降の三陸、福島の被災地域のほか、日本各地の海岸線や海の記憶をもつさまざまな地域を交え、現在まで24号が刊行されています。
B5判変型/8+1頁/カラー 発行:KULA 定価:300円(税込)

【11月29日発売予定】
SHORELINE 25: 鹿島灘 26: 鳥取砂丘 27: 陸前高田 28: 南三陸
[Latest issues will be published on 29th Nov.]
Keiko Sasaoka “SHORELINE” 25: The Sea of Kashima 26: Tottori Sand Dunes 27: Rikuzentakata, Iwate 28: Minamisanriku, Miyagi

  • shoreline25
  • shoreline26
  • shoreline27
  • shoreline28

詳細 pg-shop↓
http://pg-web.net/product-tag/shoreline/

Installation views

keiko sasaoka
keiko sasaoka