Takuma Nakahira/中平 卓馬
「見続ける涯に火が… 批評集成 1965-1977」

Takuma Nakahira/中平 卓馬  「見続ける涯に火が… 批評集成 1965-1977」

Takuma Nakahira/中平 卓馬
「見続ける涯に火が… 批評集成 1965-1977」

¥3,672

在庫あり

商品カテゴリー:


〈Content〉

思考が視覚を批判し、視覚が思考を試練にかける。中平卓馬の遺した仕事に見られるそのような葛藤の痕跡は、ゴダールの仕事に勝るとも劣らぬ強度で今もわれわれを圧倒する。遺した? いや、写真家は、記憶の大半を失い、書くことをやめた後も、日々撮影を続け思考を続けている。その姿はわれわれに究極の真理を教えるだろう。脳ではない、眼が思考するのだ。だが、そのような境地を垣間見るためにも、まずは、彼が脱ぎ捨てた、しかし今も生気に溢れる過去の思考の殻を、われわれの「灰色の脳細胞」でつぶさに検討するところから始めなければならない。浅田彰 (以上帯文より)

目次

I 同時代的であるとはなにか 1965-1970
映像は論理である──東松照明とグラフジャーナリズムの現在
不動の視点の崩壊──ウィリアム・クライン『ニューヨーク』からの発想
狂気の美学のパラドクス──細江英公写真展「とてつもなく悲劇的な喜劇」他

II イメージからの脱出 1970-1971
写真は言葉を挑発しえたか
映画はすべてドキュメンタリーである
グラフィズム幻想論 他

III 記録という幻影 1971-1973
モロッコ、絵はがきの風景
現代芸術の疲弊──第七回パリ青年ビエンナーレに参加して
写真、一日限りのアクチュアリティ 他

IV なぜ、植物図鑑か 1973-1975
なぜ、植物図鑑か
近況──それからそれから波高し
まったくのゆきあたりばったり──私の読書 他

V 視線のつきる涯 1976-1977
奄美──波と墓と花、そして太陽
身振りとしての映像──ブレボケは様式ではなかった
旅を拒みE線上のアリアを唄おう 他

中平卓馬「見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977」
四六判/512頁
編者:八角聡仁 石塚雅人
ブックデザイン:服部一成
発行日:2007年4月10日
価格:3,400円+税