Yuki Kasama/笠間 悠貴
“metaphors” 2015/12/10 - 2015/12/27 13:00 - 19:00 会期中無休 / DAILY OPEN

img0082
笠間悠貴は、2008 年12月にギャラリー山口で開催された写真展「風景をかじったねずみ」以来、大判カメラを使ったモノクロ作品を制作してきました。2013年の「顫え(ふるえ)」以降は気象、特に風をテーマに撮影を続けています。気象、被写体として直接写り込むことがなくても、光の状態や湿気などを通じてフレーム全体に影響を及ぼすものです。形なきものをあえてテーマにすることで、写真の持つ指標性を問い直し、痕跡とイメージの関係を思考する試みでもあります。
本展では、山形県の「月山」と、ラダック地方ラマユルの「月世界」という名の場所で撮影された新作が発表されます。二つ離れた場所に共通する「月」という名前は、まるで月面のように荒涼とした土地であるということを示しています。つまり気温、風、雲、高度などの理由によって植物が育ちにくい環境にある場所だということです。
植物の極めて少ない鉱物的な世界で、風は一切の痕跡を写真には残しません。なぜなら、どれほど強く風が吹こうとも、山はびくともせずそこにあり、揺れ動くものは存在しないからです。そうして風が吹き抜ける谷は写真になったとき、大気の存在しない月のように静かに現れます。痕跡として残されなかった風に思いを馳せることは、フレームの外側へと意識を向けることだと言えるでしょう。写真家の意識を越えたところからやってくる風景の細部を頼りに制作された、慎ましいモノクロ写真です。

展示内容/ゼラチンシルバープリント 10点


修正_img0122