芸術批評誌
「REAR」No. 25

芸術批評誌  「REAR」No. 25

芸術批評誌
「REAR」No. 25

¥495

Out of stock

Category: Tag:


〈Content〉

38歳で亡くなるまで、動物や人物、仏像などの木彫作品を多く残した、橋本平八 (1897年生まれ) を特集。第2特集として、あいちトリエンナーレ2010の総括・レポートなど。

【特集】橋本平八に就いて
トーク・セッション:小谷元彦×戸谷成雄「日本、彫刻の可能性」 インタビュー:舟越桂「独自性と精神性~不思議なかたちが立ち上がる時」
橋本平八 と現代の彫刻 (家) 金井直
《石に就いて》について 北澤憲昭
橋本平八の台座と彫刻 石崎尚
木という素材に対する態度ー橋本平八を起点に、仏像から現代の作家まで 中村麗子
日本近代彫刻史における橋本平八 毛利伊知郎

【第2特集】あいちトリエンナーレ2010について
あいちトリエンナーレ「シンポジウム1・2」と全体総括 藤川哲
ほか

【批評】
「写真」への/という欲望 ジェフリー・バッチェン「時の宙づりーー生と死のあわいで」展と『写真のアルケオロジー』をめぐって 門林岳史
「属性」は誰のものか? 「”これも自分と認めざるをえない”展」をめぐって 橋本一径
ほか

【レビュー】
「写真」は「庭」の位置にある 港千尋展「レヴィ=ストロースの庭」 管啓次郎
森村泰昌 なにものかへのレクイエム 牧野裕二
小林亮介個展「展開する風景」 森本悟郎
唇としてのドローイング 「natural freedom」 千葉雅也
ほか

美術批評誌「REAR」no.25
並製本/A5判
発行:リア制作室
発行日:2011年3月
価格:472円 (税込)