Camera Austria 111/2010

Camera Austria 111/2010

Camera Austria 111/2010

¥2,700

Out of stock



〈Content〉

今号では、アーティストブックという形式を用いてテキストとイメージによるナラティヴによって現代の政治・社会・歴史的問題にアプローチする作家に焦点があてられています。

レバノン戦争下の80年代からベイルートを撮影し続けているWalid Raad (レバノン)、90年代のアルジェリア内紛の犠牲者たる行方不明者に捧げる作品を制作するOmar D (フランス) 、ヨーロッパとアフリカの近年政治的な問題が噴出した場所に対して紀行的な作品を制作するChristian Wachterがとりあげられています。

表紙: CHRYSTEL LEBAS, Nature Morte – Scenette, Untiteld 1, 2008.

SALIMA GHEZALI
Außerhalb des Blickfelds

Boudjelal Bruno: Jours Intranquilles / Unruhige Tage

BRUNO BOUDJELAL

Omar D.: Erinnerungsarbeit. Eine Biografie des Verschwindens: Algerien 1992 –

OMAR D.

RUTH SONDEREGGER
Impressions D’AFRIQUE
Eine gar nicht so persönliche (Reise-)geschichte

CHRISTIAN WACHTER

Walid Raad: Sweet Talk. Commissions (Beirut)

WALID RAAD

JEFF DERKSEN
Kunst und Städte bei Mega-Ereignissen. Zur Überschneidung von Kultur,
Alltag und Olympischen Spielen in Vancouver und darüber hinaus. Teil IV


詳細は Camera Austria のHPでご覧頂けます。
http://camera-austria.at/