Camera Austria 110/2010

Camera Austria 110/2010

Camera Austria 110/2010

¥2,700

Out of stock



〈Content〉

今号では空間の経験を記録するメディアとしての写真について探究する作家に焦点があてられています。自然と風景の投影をテーマにクロアチア狩猟協会博物館を撮影するChrystel Lebas (フランス)、歴史や記憶の構築における写真の限界を意識しながら大戦中のフランスのレジスタンスやヴェトコン、ユーゴスラビアを撮影するArno Gisinger (オーストリア) 、トポグラフィックに都市を撮影し、文化的なタイポグラフィを出現させようとするArne Schmitt (ドイツ) がとりあげられています。

表紙: CHRYSTEL LEBAS, Nature Morte – Scenette, Untiteld 1, 2008.

SANDRA KRIZIC ROBAN
Chrystel Lebas. Die Übersetzerin der Natur

CHRYSTEL LEBAS

FLORIAN EBNER
Arno Gisinger. Ein Gespräch mit Florian Ebner

ARNO GISINGER

MAREN LüBBKE-TIDOW
Arne Schmitt. Provisorische Gebiete

ARNE SCHMITT

JEFF DERKSEN
Kunst und Städte bei Mega Ereignissen. Zur Überschneidung von Kultur, Alltag und den Olympischen Spielen in Vancouver und darüber hinaus. Teil III


詳細は Camera Austria のHPでご覧頂けます。
http://camera-austria.at/