光田由里「写真、「芸術」との界面に 写真史一九一〇年代 – 七〇年代」

光田由里「写真、「芸術」との界面に 写真史一九一〇年代 - 七〇年代」

光田由里「写真、「芸術」との界面に 写真史一九一〇年代 – 七〇年代」

¥3,024

在庫切れ

商品カテゴリー:


〈Content〉

1910年代から70年代まで激動期を生きた写真家たち。写真史を精査し、社会状況を見定めながら芸術との界面に彼らが焼き付けた痕跡を探る写真評論。 (表紙紹介文より)

目次

第1章 消えない影――中平卓馬から、「写真」の「芸術」に遡行する
第2章 メランコリーというモダン
第3章 存在論の写真
第4章 国際様式としての「芸術写真」
第5章 村山知義と芸術写真――写真の現実性
第6章 屈曲ときらめき――中山岩太の作品と時代
第7章 安井仲治――リアルさの前衛
第8章 写真のありか――細江英公 オリジナル・プリントとミニグラフ
あとがき

写真、「芸術」との界面に 写真史一九一〇年代 – 七〇年代
著者:光田由里
四六判:304ページ
出版社:青弓社
発行日:2006年6月
価格:2,800円+税