「写真との対話」

「写真との対話」

「写真との対話」

¥3,024

在庫切れ

商品カテゴリー:


〈Content〉

写真をめぐる言葉と、言葉をめぐる写真。これからの写真について考える人のための20の手がかり。
写真とは、まず、ある種の見方だ。それは見ることそれ自体ではない。Photography is, first of all, a way of seeing. It is not seeing itself. スーザン・ソンタグ「写真-小さな大全」より

目次

第1部 写真に語りかける
「世界のはじっこにあるものにむかって」述:畠山直哉
「写真 – 小さな大全」スーザン・ソンタグ
「そして写真はつづく」鼎談:田中純・野崎歓・畠山直哉
「「写真論」、平坦世界を破るための戦い」管啓次郎
「歴史の現像 – ベンヤミンにおける写真のメタモルフォーゼ」田中純
「温室を満たす光 – ロラン・バルトと写真による回心」野崎歓
「空間の痛み、写真、風 」ノルヴァウ・バイテーロ・Jr.

第2部 まなざしのフィールド
「ブラジルが写真を教えてくれた」述:港千尋
「ウォーカー・エヴァンズのアメリカを読む」アンドレイ・コドレスク
「写真と絵画に挟まれた物の光」近藤耕人
「パンテオン広場17番地「偉人ホテル」」星埜守之
「監視の現在+ウォーカー・エヴァンズの「超越」」倉石信乃
「フレーム・モビールと映画の時代」ダドリー・アンドルー

第3部 心のなかのフレーム
「本質を汲み出す泉」堀江敏幸
「もしデカルトが写真を見たなら… 不完全な、でも忘れることもできない、ある着想をめぐる半デカルト的省察」キュー・リー
「見えない写真 」塚本昌則
「コレット・ペニョの表情」マイケル・リチャードソン
「サミュエル・ベケットと見えざるもの」井上善幸
「フアン・ルルフォの廃墟の中で」旦敬介
「他性」トリン・T・ミンハ

「写真との対話」
単行本/256頁/A5判
編集:近藤 耕人、管 啓次郎
出版社: 国書刊行会
発行日:2005年3月
価格:2,800円+税