山本渉『線を引く|Drawing a Line』

山本渉『線を引く|Drawing a Line』

山本渉『線を引く|Drawing a Line』

¥2,571

在庫あり

商品カテゴリー:


〈Content〉

展覧会開催!
photographers’ gallery企画
山本渉写真展「線を引く|Drawing a Line」
2013年6月4日〜16日


山本渉『線を引く|Drawing a Line』

山本渉『線を引く|Drawing a Line』

表紙カバーをはずして広げると、1枚の大きなサイズの写真に。

熊野の原生林で撮影された、森と撮影者の経験の記録写真。
写真研究者ダン・アビーが設立した出版レーベル<MCV MCV>刊行の写真集、第2弾。

熊野の原生林で撮影した経験の記録写真。道なき森の中に分け入り、カメラと自分を結ぶひもを使用したセルフシャッターによって撮影したセルフ・ポートレイトシリーズ。
モノクロフィルムで撮影された色彩のない光と影の森の中では草木の枝が写真の平面上に線となって表れ、森に分け入る撮影者とカメラとを結ぶひもの線と絡み合い、交差する。その線を人間と自然との境界線、あるいは森での経験の形として捉えた写真。
幼い頃より複雑な枝の形をした木々に隣接して生えている材木用の杉の林が森の中の直線として印象的に見えていたことと、田舎町の田畑を切り裂いて直線的に伸びる東北道や新幹線のレールに恐ろしさを感じていたことが本作制作のきっかけとなった。

—山本渉

山本渉写真集『線を引く|Drawing a Line』

310 × 230 mm/48頁
500部限定
発行:MCV MCV
発行日:2012年11月
定価:2,381円+税
ISBN 978-0-9885099-0-0