photographers’ gallery press no. 8

photographers' gallery press no. 8

photographers’ gallery press no. 8

¥4,104

商品カテゴリー: 商品タグ: ,


〈Content〉

北海道写真の先駆者、巨人・田本研造の全貌に迫る!
開拓写真他、写真496点一挙掲載。

年1回発行の機関誌『photographers’ gallery press』第8号。

特別送料210円(通常350円)でお届けします!


戦後の日本写真史に強い影響を与えながらも、いまだその全貌を知られることのなかった北海道写真の先駆者、田本研造。函館港開港150周年にあたる今年、本誌では田本および田本写真館撮影とされる開拓当時の函館・札幌の様子を伝える写真、496点を一挙掲載。北海道写真や明治期の写真を読み解く精鋭な論考とあわせ、田本研造の全貌に迫ります。
目次

田本研造 北海道開拓写真・田本アルバム他

大下智一 田本研造──その生涯と業績

倉石信乃 「北海道写真」の前提

土屋誠一 写真史・68年──「写真100年」再考

谷口雅春 交差なき眼差しの系譜──北海道は自らをどう見すえるか

田中里実 写真作品と作者──古写真における作者の問題点

三井圭司 パノラマ写真考──モノとしての古写真

田本研造年譜 大下智一 編

港千尋 魚の眼に泪──疋田豊治の写真群

疋田豊治 疋田写真コレクションより

境界を越える写真
──クリストファー・フィリップスに聞く 聞き手:甲斐義明

橋本一径 〈指標〉から〈型どり〉へ──ジョルジュ・ディディ=ユベルマン『接触による類似』をめぐって


photographers’ gallery press no. 8
B5判/400頁/日・英
発行:photographers’ gallery
発行責任:北島敬三
編集責任:大友真志
デザイン:田中勲
発行日:2009年4月30日
定価:3800円+税
ISBN 978-4-907865-17-7


contents

【写真】田本研造 北海道開拓写真・田本アルバムほか
函館区営港湾改良工事 (土木学会附属土木図書館蔵)
函館区営港湾改良工事 (土木学会附属土木図書館蔵)

函館区営港湾改良工事 (土木学会附属土木図書館蔵)
函館区営港湾改良工事 (土木学会附属土木図書館蔵)

田本研造(1831~1912年)
紀州熊野に生まれ、長崎で医学・化学を学んだ後、1859年に開港されたばかりの箱館に渡る。箱館で片足を失いながらも、その手術を担当したロシア人医師から写真術を学び、写真師になったと伝えられている。1871年に開拓使から依頼され、新政府による開拓が始まったばかりの札幌近郊の撮影を開始する。その後、約10年間にわたり北海道開拓の様子を記録し続け、膨大な写真群を後世に残している。
それらの写真群は、戦後の日本写真史において「記録の原点」として「発見」され、内藤正敏・森山大道・中平卓馬ら、多くの写真家に強い影響を与えながらも、調査・研究の途上にあり、その全貌はこれまで知られてきていない。


疋田豊治 疋田写真コレクションより

(C)疋田豊治 (北海道大学総合博物館蔵)
(C)疋田豊治 (北海道大学総合博物館蔵)
5926枚という膨大な量の写真を北海道大学北方資料室に残した魚類研究者・疋田豊治。「カレイの疋田」として日本魚類学では知られている疋田の写真を、港千尋のエッセイとともに収録。


橋本一径 <指標>から<型どり>へ ──ジョルジュ・ディディ=ユベルマン『接触による類似』をめぐって
<型どり>を「イメージ概念全般の構成的モデル」と捉え返すユベルマンの著作『接触による類似』を、写真の思想的基盤の戸口へとあざやかに連れ出す。


【インタビュー】
境界を越える写真──クリストファー・フィリップスに聞く (聞き手:甲斐義明)
Photography beyond Borders: An Interview with Christopher Phillips by Yoshiaki Kai

論文「写真の裁判官席」で知られる国際写真センター(ICP)キュレーター、クリストファー・フィリップス。その背景や近年の日本写真について語る本誌オリジナルインタビュー(日英対訳掲載)。
Kai interviews Christopher Phillips who is well known for his essay “The Judgment Seat of Photography” and a curator from International Center of Photography, New York. He talks about his background and recent Japanese Photography in the interview of 12pages.


Kenzo Tamoto

This issue features Kenzo Tamoto, a photographer, who has a strong influence on Japanese Photography on the postwar. He is well known as the first documentary photographer in Japan and the pioneer of Hokkaido Photography (Hokkaido is the second largest island in Japan and is located the northern most.), but all the details of his work have not yet been brought to light.
In 2009 marks the 150th anniversary of the opening of the port of Hakodate, Hokkaido, this issue carries 496 photographs , which tell us how Hokkaido Land Development (in the second half of 18th century) was taken, with remarkable texts.

*Kenzo Tamoto (1831-1912)
Born in Kumano, Wakayama Prefecture. After studying medicine and chemistry in Nagasaki, he moved to Hakodate, Hokkaido, where newly opened its port to the world in 1859. Despite having his leg amputated due to necrosis caused by hypothermia, he learned photography from a Russian doctor in charge of the surgery and became a photographer. In 1871, he was asked by the Settlement Offiece of Hokkaido Land Development to document the project and then started shooting around Sapporo, where just started new development. Then he kept a record of the project about 10 years and has left a large group of photographs.
These photographs were discovered as the “origin of documentary” in the postwar history of Japanese Photography and have strong influence on many photographers such as Daido MORIYAMA, Takuma NAKAHIRA and so on.

Contetns

Kenzo Tamoto
Hokkaido Land Development Photography and TAMOTO Album and so on

Kenzo Tamoto:
His Life and Achievement (Jp/En)
Tomokazu Oshita

Presupposition of “Hokkaido Photography”
Shino Kuraishi

The History of Japanese Photography 1968:
Reconsidering “A Hundred Years of Photography”
Seiichi Tuchiya

Genealogy of Gazes Not Crossed:
How Hokkaido See Himself?
Masaharu Taniguchi

Photographic Works and the Author:
The Problem of Authorship in Early Photography
Satomi Tanaka

The Theory of Panorama Photography:
Photographs As Things
Keishi Mitsui

Kenzo Tamoto Timeline  
edited by Tomokazu Oshita

From Index to Imprint:
On La resemblance par contact by Georges Didi-Huberman
Kazumichi Hashimoto

*Interview
Photography beyond Borders:
An Interview with Christopher Phillips (Jp/En)
by Yoshiaki Kai


photographers’ gallery press no. 8
Publisher: photographers’ gallery
Book size: B5size(W182 × H257mm)
Number of pages: 400 pages
Date of issue: April 30, 2009
Price: 4.104 yen (tax included)
ISBN978-4-903295-72-5

Responsible for issuing: Keizo Kitajima
Editor in chief: Masashi Otomo
Design: Isao Tanaka