Review House 02

Review House 02

Review House 02

¥1,500

在庫切れ

商品カテゴリー:


〈Content〉

「見開き2ページの批評実験」を試みる批評雑誌「Review House」の第2号。それぞれの書き手が「1レビュー=見開き2ページ」というフォーマットを、自由なテーマで展開させていく新しい批評雑誌。美術、映画、演劇、ダンス、文学、アニメなどジャンルも執筆陣も豪華。 今号は29本のレビューに、中ザワヒデキや磯崎新へのインタビューなど、創刊号の1.5倍のボリュームになっています。

Interview&discussion
中ザワヒデキ公開インタビュー@美學学校
ダンスの批評と流通 桜井圭介×小沢康夫×木村覚
「アイコン」と「キャラクター」をめぐって 磯崎新

Reviews
恥じらいと呪い—鹿島田真希「ゼロの王国」の会話術 伊藤亜紗
状態としての建築ーー際の操作性 南後由和
彼らは「日本・現代・美術」ではない 木村覚
「異形」の系譜—「イコノクラスム」としてのゴジラ 黒瀬陽平
「…で?」
—ティノ・セーガルにみるゼロ年代的アートの進化形! 大森俊克
村上隆の成功の失敗は成功なのか? 甲斐義明
爆音『プライベート・ライアン』のサイレンス
—「爆音映画祭2008」 山下望
透明で饒舌な自殺機械ならびにその反射
—I「2つと4つのシェリー・レヴィン」展 中ザワヒデキ
「ガキ」的想像力が触れるもの
—雨宮庸介「ムチウチニューロン」 土屋誠一
ロバート・モリス:「自己」のスキャニング 石岡良治
など。

REVIEW HOUSE 01
A4変形/152頁
発行日:2008年10月1日
価格:1,500円 (税込)