E. H. ゴンブリッチ「美術の物語」

E. H. ゴンブリッチ「美術の物語」

E. H. ゴンブリッチ「美術の物語」

¥7,538

在庫あり

商品カテゴリー:


〈Content〉

1950年に出版して以来、すでに16版を重ね、35ヶ国語に訳されている西洋美術史の名著。1万年以上にわたる美術の流れが、ゴンブリッチ独自の座標軸をとおして、驚くほど明快かつ平易に語られています。今回の日本語版は、2人の美術史家をふくむ異分野の翻訳陣が、正確で読みやすい文章をめざして相互批判をくりかえした成果です。原書のレイアウトにあわせて、400枚以上のカラー図版を本文と同じ見開きに配置して、楽しく読めるように工夫されています。 (出版社紹介文より)

目次

はじめに
序章‐美術とその作り手たち
不思議な始まり- 先史、未開の人びと、そしてアメリカ大陸の旧文明
永遠を求めて – エジプト、メソポタミア、クレタ
大いなる目覚め – ギリシャ 前7世紀‐前5世紀
美の王国 – ギリシャとその広がり 前4世紀‐後1世紀
世界の征服者たち – ローマ人、仏教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒 1世紀‐4世紀
歴史の分かれ道 – ローマとビザンティン 5世紀‐13世紀
東方を見てみると – イスラム、中国 2世紀‐13世紀
るつぼの中の西欧美術 – ヨーロッパ 6世紀‐11世紀
戦う教会 – 12世紀
栄光の教会‐13世紀
宮廷と都市‐14世紀
現実をとらえた美術‐15世紀前半
伝統と変革 I ‐イタリア 15世紀後半
伝統と変革 II ‐アルプス以北 15世紀
勝ちとられた調和‐トスカーナとローマ 16世紀初頭
光と色彩‐ヴェネチアと北イタリア 16世紀初頭
新しい知の波及‐ドイツとネーデルランド 16世紀初頭
美術の危機‐ヨーロッパ 16世紀後半
さまざまなヴィジョン‐ヨーロッパのカトリック世界 17世紀前半
自然の鏡‐オランダ 17世紀
権力と栄光 I ‐イタリア 17世紀後半‐18世紀
権力と栄光 II‐ フランス、ドイツ、オーストリア 17世紀後半‐18世紀初頭
理性の時代‐イギリスとフランス 18世紀
伝統の解体‐イギリス、アメリカ、フランス 18世紀
永久革命‐イギリスとフランス 19世紀
新しい基準を求めて‐19世紀末
実験的な美術‐20世紀前半
終わりのない物語‐モダニズムの勝利、モダニズムの退潮、変わりつづける過去

美術の物語
著者:E.H.ゴンブリッチ
発行:PHAIDON
245×172mm、688頁、ハードカバー
発売日:2007年1月
価格:7,329円 (税込)