美術史の7つの顔

美術史の7つの顔

美術史の7つの顔

¥2,808

在庫切れ

商品カテゴリー:


〈Content〉

絵画は顔をいかに描きうるのか。ベラスケス、レンブラント、ピカソ、ディックス、ジャコメッティ、ベイコン、ウォーホル。7つの作品の分析をつうじて、絵画の問いと顔の謎に迫る! 表象文化論的アプローチによる絵画批評。

目次

存在の遠近法 — 顔のプロブレマティック:小林康夫
ベラスケスと顔の先触れ:平倉圭
他者のように自己を描く — レンブラントの《自画像》:日高優
斬首、テーブル、反-光学 — ピカソ《アヴィニョンの娘たち》:平倉圭
オットー・ディックス — 観相術、その目を凝らすほどに……:香川檀
〈顔〉への応答 — アルベルト・ジャコメッティの実践:橋本悟
肖像画と顔の「動き」 — フランシス・ベイコン《イザベル・ロースソーンの習作》:大原宣久
カムフラージュの技法 — アンディ・ウォーホルの《マリリン》:日高優

美術史の7つの顔
編者:小林 康夫
著者:小林 康夫、平倉 圭、日高 優、香川 檀、橋本 悟、大原 宣久
価格:2,730円 (税込)
単行本:269ページ
出版社:未来社
発行日:2005年6月


平倉 圭氏をお招きしてpg講座を開催いたしました。

第12~14回 photographers’ gallery講座
連続講座「ゴダール・システム」 (全3回)
講師:平倉圭 (映画理論/美術作家)
受講料:各回1,000円 三回券2,500円 定員:25名
企画:中村大吾 (編集者)

第一回「問い=拷問と非応答 — ソニマージュからファム・ファタールへ」
第二回「類似と錯乱 — イメージによる思考」
第三回「受苦と復活 — 言葉なきものの一つの場」